プロフィールとビジョン

冠業電子は台湾鴻華電子株式会社の子会社として、1996年に広東省の博羅県にて設立して、アルミ電解コンデンサー用アルミホイルを専門的に生産しているハイテク企業である。従来にアルミ電解コンデンサー用アルミホイル、二重層コンデンサー用アルミホイルとパワーバッテリー用アルミホイルの開発、生産及び販売に着目してきて、現在は国内最大規模の陰極ホイル生産企業のひとつである。

董事長張憲文はアメリカ・マサチューセッツ工科大学(MIT)材料科学科の博士課程卒業生で、材料、機械、化工等多岐にわたる分野でそれぞれ国際レベルの専門家である。彼の指導の下で会社は独自の技術研究開発を生み出し、高効率生産ライン研究開発設計やコントロールシステム開発を一体としたシステム性研究開発体系は現在“素箔エッチング電解コンデンサー用電極アルミホイル”新技術の生産、新製品の研究開発領域では世界トップレベルに君臨している。

会社は設立以来、アルミ電解コンデンサー用アルミホイル、スーパーコンデンサー用アルミホイル、そしてパワーバッテリー用アルミホイルの研究開発と生産及びセールスに着目してきて、現在は国内最大規模の陰極ホイル生産企業のひとつである。その規模は全世界のマーケットシェアの35%を占める。10数年の発展を経って、会社は国内のアルミ電解コンデンサー電極ホイル業界でトップ企業のひとつになった。会社の“FOILTEC”ブランドは既に国内外の川下企業でたいへん高評価を獲得していて、日本のNICHICON、HITACHI、韓国のSAMWHA、アメリカのKEMET、東莞の冠坤・江海株式、台湾の立隆・台容・金山、珠海の格力、常州のHUAWEI、仏山三水の日明等国内外でも知名度の高いアルミ電解コンデンサー生産企業の優秀なサプライヤーと成り得た。2013年に開発したスーパーコンデンサー用アルミホイルの国内第一人者であり、品質の良さは日本のJCCと同等レベルで川下企業の高評価を獲得し、また、北京集星科学技術、寧波南車新エネルギー、東莞斯巴復等スーパーコンデンサー用アルミホイルの優秀なサプライヤーとなった。

会社は優れた研究開発の実力を持ち、生み出した独自の技術研究開発の中には高効率生産ライン研究開発設計やコントロールシステム開発を一体としたシステム性研究開発体系等があり、未来の発展のために滞りのない力を注ぎ続けている。マサチューセッツ工科大学博士課程卒業である董事長は材料、化工、機械系の分野に円熟していて、全身全霊をかけた“素箔エッチング電解コンデンサー用電極アルミホイル”の生産ラインの自主開発と設計、製品の自主研究と開発は現在“素箔エッチング電解コンデンサー用電極アルミホイル”新技術の生産、新製品の研究開発領域において世界トップレベルに君臨している。

会社は自身の技術研究開発の強みをもってして、新エネルギー自動車のパワーバッテリー用グラフェンコーティングアルミホイル、スーパーコンデンサー用コーティングアルミホイル、ソリッドステートコンデンサー用高分子導電ポリマー用アルミホイルなどの新しい製品を重点的に研究開発している。製品は各タイプの自動車・ライトレール・航空宇宙・軍艦・化石・風力エネルギー・太陽光エネルギー・スマートグリッド等の諸分野で広く応用可能で、さらには大容量高効率レーザー兵器等国防軍事核心科学技術の重要なテクニカルサポートは国際科学技術と新興産業争いのかなめ技術のひとつである。豊富かつ専門的な製品構造は科学技術の含量と付加価値を高めるだけでなく、製品の市場競争力も高め、さらには自らのブランドと技術の強みを拡大し続け、ハイエンド製品を含む製品の国内外でのマーケットシェア増加を目指す。